黒川郡新交通システム

概要

1992年9月1日に黒川郡の4町村が広域行政発展化計画を策定し、そのなかで仙台市営地下鉄南北線と接続して富谷~大和~大衡~大郷~松島間の結ぶ都市型新交通システムを整備することが盛り込まれた。その後、様々なルートや機種の試算が実施されたが、具体化には至っていない。

2002年2月にまとめられた報告書では、仙台市営地下鉄南北線の泉中央~泉ヶ丘間延伸を前提に、泉ヶ丘~大衡間をLRTで整備。さらに大郷や利府を何らかの形で接続して循環することが考えられている。

データ

区間泉ヶ丘~大衡など
距離