京成千原線の延伸

概要

千葉市の中心部と市原市のちはら台ニュータウンを結ぶ京成電鉄千原線をさらに延伸し、小湊鉄道線に連絡する鉄道路線。

※ちはら台~辰巳台間は未来鉄道データベース運営部推定
※辰巳台~海士有木間は事業免許譲渡(小湊鉄道→千葉急行電鉄)時点のルート・駅。

もともとは内房線の五井駅を起点とする小湊鉄道が、千葉市中心部への直接乗り入れを図るために計画したもので、1957年12月に本千葉(現在の京成電鉄千葉中央駅付近)~海士有木間の地方鉄道業免許を取得している。この時点では既開業線からの直通を前提としていたため軌間は1067mm、動力は蒸気および内燃としていたが、のちに京成電鉄への乗り入れを図る計画に変更することになり、1970年4月に経路や軌間(1067mm→1435mm)、動力(蒸気・内燃→電気)の変更認可を受けている。

免許取得後は事業に着手できない状態が長く続いたが、千葉市の東南部や市原市の東部に広がる丘陵地帯にニュータウンを整備する構想が浮上すると、小湊鉄道の免許線をニュータウンへのアクセス鉄道として整備しようという気運が高まる。これに伴い、1973年に千葉急行電鉄が発足。同社は1975年12月に小湊鉄道から千葉中央~海士有木間の免許を譲り受け、1977年8月に着工した。

その後、千葉急行電鉄は1992年4月1日に千葉中央~大森台間、1995年4月1日に大森台~ちはら台間を順次開業するが、輸送人員が当初見込みを大幅に下回ったことから経営が悪化し、残りのちはら台~海士有木間は工事に着手できない状態が続いた。結局、経営改善の見込みが立たないことから会社を清算することになり、1998年10月に千葉急行電鉄の鉄道事業が京成電鉄に譲渡されている。未開業区間の免許も同時に京成電鉄に引き継がれているものの、事業着手の目途は立っていない。

データ

事業者京成電鉄
線名千原線
区間・駅ちはら台~海士有木
距離8.2km
種別第一種鉄道事業
種類普通鉄道
軌間1435mm
動力電気(直流1500V)
単線・複線※不明
開業予定時期※未定
備考

進ちょく状況

1957年12月27日地方鉄道業免許(小湊鉄道)
1975年12月20日地方鉄道業免許譲渡(小湊鉄道→千葉急行電鉄)
1987年4月1日(第一種鉄道事業免許)
1998年10月1日第一種鉄道事業免許譲渡(千葉急行電鉄→京成電鉄)
2000年3月1日(第一種鉄道事業許可)